Goalist Developers Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What's your Goal?

株式会社ゴーリスト代表 加藤龍のブログ

新旧メンバーそれぞれの役割

今日から9月です。

新たに3人入社しました。

 

f:id:r_kato:20160901100005j:plain

 

メディア編集とエンジニアとプロマネ候補です。

スケール元年、、これで期初(1月)と比べて、ちょうど2倍の22人になりました。

増えました。。そして狭い。。10月から増床が決まったのでそれまでの辛抱。。

 

さて2倍の人数になりましたが、組織に変化が起きています。

開発、セールス、デザイン、メディア、管理、全てにおいて

これまで属人化していたものを汎用化・標準化するように

様々な取り組みがどんどん進んでいます。

 

もちろんすぐにはdoneしないですし、短期的なリターンは少ない類の仕事ですが

ここをしっかりしておけば、次のスケールタイミングでよりアクセルが踏めます。

ということで目先を追いかけたくなるのをグッと我慢の日々。。

 

というわけで人が増えることで汎用化・標準化がどんどん進むことは

非常にいいことですが、それにも増していいことが起きるんですね。

それは新旧メンバーの役割にありまして。

 

人が増える時に、伝えることがあります。

 

新メンバーには

「大きな変化を起こせるのは、バカ者とよそ者。入社して2ヶ月くらいは

あえてよそ者感で会社を見て欲しい。ここがヘンだよ的なこともあるだろうし

何にもとらわれずに物事を見ることができて意見ができる。

これは入社したての頃しかできない、期間限定の力。どんどん踏みこんで。」

 

旧メンバーには

「これまで歩んできた会社の歴史、社風、価値観(バリュー)、、、

言語化できるものもあるし、なかなか言語化できないものもある。

それを日々の言動で新メンバーに伝えて欲しい。

新メンバーに社風や価値観を伝えることは会社として1番大事なこと。 

携わっている事業や役割、タイミングなど含めて実務では、

活躍の差があるかも知れない。

でも社風や価値観伝えてもらうこと、それは1番の活躍になる。

そして伝えるのは簡単。コミュニケーションを取るだけ。

なぜならメンバー1人1人の言動が社風を作ってるから。」

 

新メンバーからは普段なかなか気付かない、もしくはうっすら気付いている

問題を浮き彫りにしてもらえる、イイ意味の現状否定。

 

旧メンバーは社風や価値観を伝えることで、改めてミッションビジョンバリューを

理解し、そして自身を見つめ直す機会。

 

これらをもたらしてくれます。

 

そしてこれこそが、みんなで会社を作っていくということに

他ならないのではないのかなと思います。

 

スケール元年もあと4ヶ月。あと2手くらい進めたい。。