Goalist Developers Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What's your Goal?

株式会社ゴーリスト代表 加藤龍のブログ

マニュアル化vsあなただけ化。どっちがイイの?

事業を進めていく上でのリスクヘッジのひとつに、
属人的な事業&オペレーションにする、がありますよね。
仕組化、なんて言ったりすることも。

そう。多くの企業にとって属人的はリスクです。

なので、ある程度の組織規模になると誰でもできるように
タスクを細分化したりマニュアルを整備します。


▶企業と個人の思惑は違う?

「マニュアルがあれば、誰でもできる。」

これ、一般論としては、別に違和感ない一文ですがこう言われたらどうですか。

「マニュアルがあれば、あなたでなくてもできる。」

急にキツい表現になりましたね。ものすごくドライです。
こんなこと言われたら、かなり凹みます。。

でも事実、そういうことです。


少し乱暴的な表現をしてしまえば、

マニュアル化できる仕事=属人的でない仕事

は、個性が必要ありません。

つまり個人のポテンシャルを押さえつけてしまうってことです。


でも一方で個人はその他大勢と同じになると価値がなくなります。
ポジションや年収だって上がらなくなります。

そうなんです。個人はいかに組織の中で属人的な存在になるかによって
組織において価値ある人材となるかが決まります。

まさに「あなただけ化」がポイントですw

もちろん、短期的に労働力、、つまり時間を切り売って収入を得ることが
ベストなシーンは人生においてあるので、必ずしもというわけではありませんが。

ただ、キャリアを積むという観点では絶対にそうです。


そして企業はできるだけ(っていっても業種や会社にもよるんでしょうけど)マニュアル化しようとします。
ここで、企業と個人の思惑の矛盾が生じます。



▶価値とは希少の中にあり

自分が属している企業。
自分が属しているポジション。

それは他の代替人材が容易にいるのか。

もしくは将来システムに取って代わられないか。

自分の市場価値を上げたいなら、忘れちゃいけないポイントです。。


指標としては、

同じ組織にいる人とコンピューター

ができないことに自己の能力を向けるとオンリー1に近づけるかと思います。
(もう1つ大事なのは「本当に好きな仕事か」も入ってきますが論点がズレるのでまた今度)



▶企業はどうすべき?

もちろん、企業は個人の能力を押さえつけたいからマニュアル化する訳ではありません。
冒頭にも書いた通り、あくまでも事業運営上でのリスクヘッジの一環です。

企業が個人をより活かすためにも明確にしておくべきところは、

「どこまで」もしくは「どこを」マニュアル化にし

「どこから」もしくは「どこを」属人的にするか

では無いでしょうか。

そうすれば採用戦略や人事戦略も違う視点が持てるかと思いますし、

強いては自社の強みをどこに置くか、にもつながってきます。



▶全員役員の会社とは?

ゴーリストへの参画に興味を持っている人材との三回目の会食、
こんなことを言われました。

「全員が役員、そんな会社は聞いたことないのでイメージがつかないです。何だか全員が経営者というのは、
 ドライなイメージがする。自己責任の集団のようで、お互い関与しない、みたいな。。実際どうなんでしょうか?」

「あぁ、そういう風に捉えるんだ」と。
確かに少しキャッチーな感もあるしなー、と思いながら。


ゴーリストは全員が役員の会社を目指しています。


焼酎水割り6杯目くらいだったので(←おい)、一言一句は覚えてませんが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全員が何かのスペシャリストであり、ゴーリストではOnly1、そんなメンバーの集団にしたい。

ひとつの価値観と多様な能力でつながっている。

全員が自律している、でも依存もし合う。7つの習慣でいう相互依存]ってやつ。

企業としてはリスクの固まりだけど、メンバーが抜けると一番困る会社にしたい。

もしかしたら全員が役員でなくても、そういう組織にできるかも知れない。

でもそういう背景があるから全員が役員という言葉になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じで伝えました。


ゴーリストはある意味、完全に属人的な組織にしたいですね。

全員役員の会社、という裏には経営資源の中でも一番「人材」を大事にしたい、
何をするかよりも誰とするか、を大事にしたい、という想いがあります。

共感できる方、興味ある方、そして覚悟ある方w、
是非お待ちしております。
http://www.goalist.co.jp/recruit/index.html