Goalist Developers Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What's your Goal?

株式会社ゴーリスト代表 加藤龍のブログ

39度の風邪を30時間で治した話

あれは、シンガポールに行く当日、2012年2月18日(土)。

朝から土壇場の荷造りをし、付け焼刃に英会話テキストを読み漁り、
オンラインではできない仕事の準備をしていた。

昼頃に差し掛かったころ、どうも体がだるい。
そうか、前の日にB'zのDVDを見ながら筋トレをしたからだな。
いつもよりアドレナリンが出てたから、腕立てとか回数多かったしねー。

なんて言い聞かせたいたのだが、どうもおかしい。
アツい。背中が燃えるようにアツい。
ツバを飲み込むとノドが痛い。
アツい。頭がアホみたいにアツい。

そこから現実を受け止めるまで約5分ほどだったと思う。

「そうか。君は風邪を引いたのか」

この本を思い出し、精一杯強がって、つぶやいたセリフだ。

(読んでません)


まずは現状把握

症状が発覚した(受け入れた)のは日曜日の14時ごろ。

まず熱を測る。38.8度。
Oh...ガチだ。これはガチだ。
体のだるさが節々の痛みに変わってきている。

この日は日曜だったということもあり、病院に行く気にもなれなかった。
シンガポールへの出発まであと8時間。時間もない。

ググった。
とにかくググった。
今までの人生でこれほどまでググったことは無かった。


「だから、結局何が言いたかってん」

「結論から書けよ、しかし」

「いやいや、これさっき見たやつやん」

「イラストと説明文全然合ってへんし」

「ちゃうねん、今はそんな精神論はいらんねん」

早く治さなければいけないという焦りからか、サイトに対してのツッコミも激しさを増してきた。
いちいちツッコミだした。1サイト1ツッコミみたいな空気にもなった。落ち着け、オレ。

そして20くらいのサイトを巡回。
様々な記事、ブログ、コンテンツから判断し、自分の症状にマッチするものを選び実行することにした。

どうも見ていくと、各論の症状を緩和する処置と、全体的な回復力を促進する処置にわかれていたので
それに従うこととした。いざ薬局へ。

症状を緩和する

まずは端的な症状(熱、ノド、寒気、鼻)を治すためのアイテムを購入。

熱に対し、熱さまシート。

おでこにはもちろん、リンパの通ってる箇所に貼る。
足の付け根とか、腕の付け根とか。


ノドに対し、ヴィックスドロップ

これはもう、無くなる度に舐めました。


寒気に対し、ホッカイロ

腰、背中、肩甲骨あたりに複数枚。
空港に出かける時はズボンのポケット×2、ダウンのポケット×2を忍ばせ徹底的に温めました。


そして鼻に対しては、この有名なやり方を実践。
これも鼻がつまる度。

「これは画期的!その場であっという間に鼻づまりを治す方法」
 ステップ1:深く息を吸う。
 ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
 ステップ3:鼻をつまむ。
 ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
 ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
 ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。

回復力を促進する

そして肝心かなめの回復力系(?)だ。
薬剤師の方に相談しながら選んだ栄養ドリンクはこれ。甦力

1日1本と書いてましたが、当日は2本ガッツリいただきました。


本生にんにく

カップラーメンに全部入れます。そしてスープを全部飲むという強攻策。
かなりのにんにく臭さにむせます。ホントに。キツイ。でもここは踏ん張りどころ。
麺は残しましたがスープは完飲。


本生しょうが

カップうどんに全部入れます。これも同じくスープを制覇。
もう、この時点でノドから体から、火照ってきます。


生姜茶

お湯に溶かして飲むと、ノドにいいし、体も芯から温まります。
2時間置きにコップ1杯くらい飲んでました。


ポカリ

近くに温泉があるので、そこにポカリ500ml×3本を持ち込む。
湯船つかる。汗かく。ポカリ飲む。湯船つかる。。(繰り返し)
ポカリ1.5Lを使って新陳代謝を促進。


あとはとにかく寝る。にんにく、しょうが、生姜茶、ホッカイロが効いてるため
尋常でないほど汗が出る。眠たいのを我慢して頑張って着替える。

結果はいかに

上記施策を実施。睡眠時間は約3時間。フライトは0時。羽田に向かう途中では熱はまだあり、体も熱いやら寒いやらの混乱状態。
朝7時にシンガポールに到着。機内であまり寝れず体調が悪化してるかと思いきや、そうでもない。
さすがにその日の昼の予定(航空ショー)はキャンセルし、後輩の家で爆睡すること10時間。

(ほぼ)完治!鼻水は少し出るものの、熱は下がり関節痛も無くなった。
19時からの会食も参加できるほどに復活。そう、勝ったのだ。
絶対に引いてはいけないタイミングで風邪を引いた。だから悔しくツイートもできなかった。
しかしそれに打ち勝ったのだ。勝利だ。完全勝利だ。

コストまとめ

発症から完治までかかった時間
 発症:18日 14:00
 完治:19日 19:00
 時間:29時間

発症から完治までかかったお金
 熱さまシート  500円
 ヴィックス  1,200円(400円×3箱)
 ホッカイロ   500円
 甦力     2,000円(1,000円×2本)
 本生にんにく  180円
 本生しょうが  180円
 カップメン   150円
 カップうどん  150円 
 生姜茶    1,500円
 ポカリ     450円(150円×3本)
 温泉入浴料   450円(天神湯
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合計     7,260円

結論

病院行こう。